借金の悩みは弁護士に相談して自分に合った方法で解決を

一人で悩んでいても解決できないのが借金の悩みであり、決して時間が解決してくれることはありません。自分の意思で借入した借金は自力返済をする努力が必要ですが、返済で逼迫してしまう可能性は誰にでもありえます。

返済に行き詰まったときは一日も早く弁護士に相談をして、解決策を提案してもらいましょう。弁護士と話し合いながら自分に合った債務整理で借金を解決してください。

自力返済できないなら弁護士に相談を

借金を返済できなくなったとき、昔であれば夜逃げをするという話が聞かれました。自己破産に対して今よりネガティブに捉えられていた時代であり、それ以外では逃げるという選択肢が普通にあったのです。当然ながら債権者に返済が厳しいと交渉を試みても、延滞せずに返済するように言われるだけです。

現在の貸金業者は昔ほど厳しい取立てはしてきませんが、延滞が続くと口調が厳しくなってくるのは同じです。自宅に何度も電話が来るようになれば家族に借金がバレますし、会社に連絡が行ってしまうケースもあります。問題なく返済できる借金を債務整理するのは得策ではありませんが、自力返済ができないと判明しているなら早急に債務整理の手続きをしましょう。

弁護士に相談すれば具体的な方法をいくつか提案してくれますので、その中から無理のない方法を選んでください。弁護士が勧めてきた方法が絶対ではなく、最終的に債務者である自分自身が無理なく返済していけるかどうかが鍵です。

例えば任意整理を行ってから、再度返済に行き詰って個人再生や自己破産をするという方は少なくありません。債務整理は何度でも行うことができますが、回数が増えるほど弁護士費用がかかってしまいます。一度の債務整理で解決できるように方法を詰めていきましょう。

債務整理の方法は最終的に自分で決めよう

弁護士に借金相談をすれば債務整理を提案してくれますが、最終的に方法を決めるのは自分です。債務者の経済状況を把握しているのは弁護士よりも自分自身なのです。

年収が多くても生活費が大きければ返済に回せる金額は少なくなるので、大切なのは収支のバランスになります。借金を返済できなくなる方に共通しているのは、収支のバランスがマイナスになっていることです。例えば収入30万円に対して出費が32万円ならば、2万円はマイナスになってしまいます。

当面は貯金でカバーしていても、いずれ貯金は底をついてしまうでしょう。債務整理をするなら収支のバランスがプラスになるまで借金を減額する必要があります。任意整理で無理なら個人再生が必要になりますし、それでも無理なら自己破産をすることになります。

借金返済のコツは余裕を持ったプランを立てることで、ギリギリ返済できると考える方法ではうまくいきません。

収支のバランスが常に安定することは少なく、大きな出費が発生する月はあるでしょう。それゆえ確実に完済できることを前提に債務整理の方法を決めていく必要があります。


弁護士への借金相談で聞かれる質問とは

弁護士に借金解決の依頼をする場合、借金相談をしてから債務整理の方法を選んで実行するという流れになります。借金相談の時間は概ね30分となっており、ここで現在の借金状況・収支のバランスなどを聞かれます。借入先は何社でそれぞれいくら借入しているのか、毎月の返済をいくらまで減額すれば完済できるのか、などを詰めていくわけです。

任意整理や個人再生は原則として3年で完済できることが条件になるので、これらの方法で借金を減額しても完済に10年かかるようなら、自己破産で解決することになります。逆に任意整理や個人再生で解決できるなら、自己破産は選択しないのが基本です。

債務整理は努力しても自力返済できない借金を減額してもらう方法であり、借金の返済をしたくないという理由でするべきものではありません。弁護士との相談では各社との契約書類や利用明細、ローンカードなどの提示を求められます。

過去に18.0%を超える金利で借入していた場合は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金を回収して借金がゼロになるなら、債務整理をする必要はありません。回収しても借金が残るときは、一括返済または債務整理で解決します。

弁護士との相談で具体的な解決法が決定したら委任契約をし、あとは弁護士が債務者に代わって債権者と交渉してくれます。

合わせて読む:子供の借金で困ったら弁護士に相談しよう

弁護士に相談するデメリットはなし

弁護士に依頼するような状況は、一生のうちに何度もあるものではありません。一度も相談したことのない人が多く、なんとなく弁護士に対して怖いイメージを持っているかもしれません。しかし実際は丁寧に相談に乗ってくれる弁護士が多く、悪徳弁護士と言われるような人はごく一部です。

特に借金解決を得意としている弁護士なら、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。過払い金請求を依頼するにしても、たくさん回収するほど弁護士自身が受け取る報酬が増えますから、決して手抜きすることはありません。

弁護士に相談したときに提示される解決法は債務整理と過払い金請求です。

つまりこれらの方法でなければ借金解決が難しい状況になったら、弁護士に相談するタイミングと言えるでしょう。

自力で借金返済をするための工夫としては収入を増やすこと、節約をして返済金を増やすこと、低金利ローンに乗り換えして利息を減らすことなどがあります。これらの努力をしても借金が減らない状況にあるなら、すでに自分で解決できる範疇を超えています。

合わせて読む:弁護士に相談する前に借金を調べることが大事

借金の悩みを生む原因は利息にある

コツコツと返済しても借金が減らなくて困っている方は多いでしょう。借金が減らない理由はシンプルで、利息が大きくて返済金が相殺されるためです。毎月3万円の利息が発生する状況では、3万円の返済をしても借金はまったく減りません。

6万円の返済をしてようやく借金が3万円減るわけです。キャッシングなどの高金利ローンだと、借入額が100万円程度でも返済に逼迫するケースはよくあります。利息を減らすためには低金利ローンに乗り換えする、または繰り上げ返済をして利用残高を減らしていくのが効果的です。

これらの方法を実行できない場合は、弁護士に相談するのが得策でしょう。任意整理という方法は将来発生するであろう利息を全額カットできます。キャッシングを例にするなら実質年率が0%になり、借入した分だけを3年かけて返済していくイメージです。

任意整理では借入した元金は減りませんが、キャッシングなどは借入金以上に利息が発生するケースがありますから、任意整理だけでも借金の負担は大幅に軽減するでしょう。