子供の借金で困ったら弁護士に相談しよう

「子供が知らない間に借金をしていた」「子供からお金を貸してほしいと言われる」など、子供の借金に関するトラブルは少なくありません。親として子供が困っている時に助けてあげたいという気持ちはありますが、度重なる金の無心は親子と言えど辛いものがあるでしょう。

今回は子供の借金トラブルについて詳しく解説していきます。

子供からお金を貸してほしいと言われた時

親として、子供が自立をすることはとても喜ばしいことです。成人した子供であっても「仕事はしっかりできているのか」「お金に困っていないか」など親として心配になる気持ちもあるでしょう。自立した子供から、お金を貸してほしいと打診された時、一時的なものだと信じ貸してしまう親は少なくありません。

その際にも「どうしてお金が必要なのか」という点に関しては詳しく聞かずに了承してしまう親が多いのです。これが、負の連鎖を引き起こす可能性になるとも知らずに、一時的だと信じてしまいます。子供が親にお金を貸してほしいというのは、そう簡単な話ではありません。

親にお金を借りれば何に使うのか、どうして必要なのかとしつこくされることも考えられる為、消費者金融やクレジットカードで借入するより面倒だと感じてしまうからです。その為、親に頭を下げるようになったとすれば、すでにかなりの借金苦に陥っている可能性が考えられます。

子供心としては、親に心配をかけたくないという気持ちがあるので、末期の状態になるまでは隠し続けることが多く、親に打診するようになった段階では相当な金額を抱えているかもしれません。子供からお金を貸してほしいと言われたら、必ずなぜ必要なのかをしっかり確認してください。

また、借金をしている可能性を疑うことが大切です。

お金は二度と返ってこない可能性が高い

親子だからこそ、口約束のみでお金を貸す人が多いでしょう。子供に借用書を書けという親はなかなかいるものではありません。その為、子供にお金を貸すということは二度と返ってこないことを前提に与えるものだと考えてください。

親がお小遣いを子供に与えるという構図は幼少期の頃から行われていたものですが、自立した大人になっても同じです。もちろん、一時的なお金の貸し借りであれば返済してくれる可能性もありますが、親子だからこそそう多くはないと言えます。

自立した子供がいるということは、親もそれなりの年齢になってきています。老後のことを考えなくてはいけない段階に、子供にお金を与え続けるということは、自分たちの生活そのものが揺らいでしまう可能性も出てくるでしょう。

これが負の連鎖にならない為にも、理由が明確ではないものに対してお金を貸してはいけません。どのような理由で必要なのかという点をしっかり把握した上で、貸すことが一時凌ぎにならないのかも考えてください。親だからこそ、時には鬼になる必要があります。

ギャンブル依存症や買い物依存症などに陥っている可能性

自立した子供がなぜそこまでお金を必要としているのか、その点を把握することが大切だと上記でも伝えてきましたが、中にはギャンブル依存症に陥っていたり、買い物依存症になっている子供もいるかもしれません。依存症になってしまえば、生活が困窮していてもその衝動を抑えることができずに、お金を使い続けてしまうでしょう。

また、人から脅されてお金を渡さなくてはいけないのかもしれませんし、誰かの連帯保証人になってしまったという可能性だってあります。なぜ、お金が必要なのかその点はとても重要なことだと言わざるを得ません。もし、何らかの依存症に陥っているのであれば、一時的にお金を渡しても同じことが繰り返されてしまいます。

依存症は病気とは異なり、治療薬などはありませんから、本人が自覚し周囲が協力していかなければ改善は簡単ではありません。気付いた時には借金苦に陥って、取り返せない段階にまでなってしまうこともありますので、子供の様子をしっかり確認する必要があります。

自立している場合には、様子をうかがうことが簡単ではありませんが、表情や口調などを見て、違和感を覚えた時には子供と一度向き合って話し合うことが大切です。


借金の現状を把握し、どのように対処するべきかを考える

子供が借金をしているという事実を伝えた時、まず先にしなければいけないのが、どこにどれだけの借金をしているかという点です。

消費者金融からの借入がどのくらいなのか、カードローンなども併用しているのかなど、子供本人の口から現状をしっかり聞いてください。すでに自転車操業状態になっているのであれば、すぐに弁護士に相談するよう手配することが大切です。

もし、返済できる程度の借入であれば、親子と言えど口約束で終わらせずに、借用書を用意してください。また、返済に関することも明確化しておくことが大切です。弁護士に相談しなくては解決が難しいとなった場合は、債務整理に強い弁護士に相談しましょう。

債務整理とは、自己破産や任意整理など借金のレベルに応じて、支払える金額にまで整理することを言います。多重債務者の多くが、利息だけを払い続けている状況に陥ってしまっている為、元金が一切減らずいつまでも払い続けることになってしまうのです。

その為、本当に支払わなくてはいけない額までに整理することで、スムーズな返済が可能になります。弁護士に依頼するとなれば大層なことのように感じてしまいますが、子供のことを考えるのであれば一時的な対処を続けるよりも、しっかり対処する方が効果的です。

合わせて読む:弁護士に相談する前に借金を調べることが大事

親子で負の連鎖に陥らない為にできること

子供の借金を親が肩代わりするというのは珍しい話ではありません。親にとって子供は宝と言われる存在ですから、子供が困った時に助けてあげたいという感情は当然のことです。しかし、親子と言えどお金のことが絡むことはトラブルに発展しやすく、間違った対処をすると親子共々負の連鎖の中に陥ってしまいます。

そのようなことにならない為には、親子でも一線を引くことが大切です。自立した子供の人生は子供のものです。子供自らが何らかの理由によって背負った借金を親が肩代わりすることが正当ではなく、大人として対処させることが必要となります。

もちろん、助言を与えることはできるでしょう。必要とあれば、一緒に弁護士に相談することも大切です。しかし、お金を与え続けるのだけは絶対にやめましょう。これは何の解決にもならず、親の人生そのものを食いつぶしてしまうものになってしまいます。

借金を乗り越える為には、親が子供を甘やかさないということが大切になってくるのです。